重要 火曜取寄せ品について
もぎ豆腐はメーカー都合のため、次週分のご予約を休止しております。また当社棚卸しの関係で次週の出荷は水曜日となります。ご迷惑をおかけします。予めご了承くださいませ。
農園菓子工房ホトトギスの「米粉のブラウニー」
商品一覧を見る
農園菓子工房ホトトギスって?

自家栽培の米粉と平飼いの地鶏卵を使ったグルテンフリー焼き菓子専門店

岡山県の御津で、有機循環農業を営みながら、自家栽培のお米を使ったグルテンフリーのお菓子を焼いています。 小麦の代わりに米粉を使った、アメリカのチョコレートケーキ「ブラウニー」が特に人気で、米粉のしっとりとした食感、カカオの香りが特徴的です。
ホトトギス代表:吉原修蔵さんと妻のサラさん
「米粉のブラウニー」誕生のきっかけ
2005年、夫婦で岡山御津に移住後、自給生活を始め、2008年からログハウスをたてて夫婦2人だけのパン屋を始めました。
配達にいったりイベントに出たりしてお客さんも増えてきて...と頑張っていたところで妻のサラさんの小麦アレルギーが発覚。正確にいうとグルテン不耐症で、小麦の他にもグルテンを含む、ライ麦や大麦もダメという点が一般的な小麦アレルギーとは違う点です。

それでもなんとか工夫してパン屋を続けていましたが、小麦粉の摂取アクシデント(手についた、空気中の粉を吸い込んだ、食べ物についたのを食べたなどなど)を何度も繰り返すうち、2012年の秋についにパン屋を辞めることを決めました。


2013年から主に米粉を使ったアレルギー対応食品の製造を開始し始めるのですが、そのきっかけは「洋菓子・パン向き」と言われる微細粉米粉との出会いでした。パン屋を辞めた当初「米粉でパンを焼いてみれば」という考えははまったくといってよいほどありませんでした。小麦から作るパンに匹敵するようなものがグルテンなしの代替粉で作れるとは到底思えず、実際おいしいと思えるようなものに出会えなかったからです。

しかし、微細粉米粉に出会って、考えが一転。この素材ならいける!と。その後、工夫と研究を重ね、いろいろなものを作りましたが、中でもブラウニーは仰天するほど美味しかった。
アメリカでは普通に家庭で焼かれているもので、妻にとっては思い出の味。パン屋のときから小麦粉で作っていたお菓子です。

紆余曲折、試行錯誤の上に生まれたホトトギスの「米粉のブラウニー」には、米粉だからこそ表現できた美味しさがあります。粉の甘みがあって、べたつきが少なく、しっとり感がある。食べたときにふわーっと来る強烈なカカオの香りはそのままで、粗製糖の優しくて素朴な甘みと合って、しつこくない軽い食感です。
こだわり
農園菓子工房で作っているのはすべて小麦アレルギー対応のものですが、小麦粉を使っているものと比べてもよりおいしいと言われるようなもの、材料の制限をまったく意識しないような満足感のあるものを目指しています。アレルギーのある方も、無い方も、文句なしに美味しく食べていただけるもの、そういうものを自給的材料を使ってつくります。

工房内では、他のお菓子を作る際にも小麦、大麦、ライ麦などグルテンを含む穀類をまったく使っていません。自家栽培のお米を、地元の製粉所で気流粉砕式製粉で微細粉に加工したもので、小麦が食べられないアレルギーを持つ人でも安心して食べることができます。

その他の原料は、バターの代わりにフィリピン産の高品質プレミアムココナッツオイルを使ったり、きな粉などもなるべくここで採れる自家製のものを使います。

米粉の次にこだわりのある卵は自給の「循環養鶏」から生まれたもの。放飼いで、エサは自給したり、畑から出る野菜くずや、近所のうどん屋さんからでるカツオ節の出し殻。また、集めた「食品廃棄物」のコンポストで増やすミミズやハエの幼虫などをエサにしています。もちろん、鶏糞や卵の殻も畑の栄養として利用します。
  • スタッフ募集
  • GAIA社長ブログ
PAGE TOP