GAIA net

詳細検索

こざわ 天日干し 天然わかめ 100g

数量限定。みっちゃんの梅干しの古澤さんが収穫した天日干し天然わかめです。

ポイント10倍(9/21 AM.10:00まで)
メーカー:佐渡ヶ島発 こざわ
配送時温度区分:常温
1,440円
  • 在庫:○
  • 130ポイント付与

商品詳細

商品コード
2230007
原材料名
天然わかめ
内容量
100g
原産地
佐渡が島

商品説明

今では希少品の天日干しの天然わかめです。市販されている乾燥わかめは、そのほとんどが養殖物の機械乾燥品(灯油バーナーを焚いての強制乾燥)です。
手間ひまのかかる天然わかめの天日干しは、養殖栽培漁業者の間でも「それが一番美味しい!」とわかってはいても、効率優先の経済論理には全く合わないため、滅多にお目にかかれない贅沢なものとなってしまいました。

一般的な三陸わかめのような肉厚なわかめとは違い、佐渡島のわかめはとっても柔らかいです。そのため、長時間水に浸すとトロトロになってしまうので、水戻しはさっと短時間で。また、汁物などに使う場合はお椀などに食べる都度入れるようにしてください。 酢の物や、和え物、白味噌のぬた和えなどがおすすめです。


【天日干し天然わかめが生まれるまで】
古澤さんが、4月下旬〜5月上旬のまだまだ冷たい海に潜って、1株ずつ鎌で刈り採ります。水が冷たすぎるので3、40分が限界の作業です。

こうして刈り採ったわかめを、お母さんのみっちゃんが、真水をたっぷり張った桶の中でよく塩分を洗い流し、かやぶき屋根の家の前の浜辺で、ピーンと張ったロープに1株、1株、洗濯ばさみで吊るしてゆきます。

ロープに吊るして仮干しにしたわかめは、日が落ちかける夕方前には取り込み、後日、よく晴れた日に「カラッ」となるまで干し、風味豊かな乾燥天然わかめに仕上げられます。


お支払方法について

■お支払種類

支払方法

カードの種類

GMO後払い

※GMO後払いはコンビニまたは銀行からお振込みいただけます。

※産地直送品、メーカー直送品のご注文は、代金引換ができません。

※ご購入金額が8,100円未満の場合、代金引換は300円、後払いは200円の手数料がかかります。
8,100円以上お買い上げの場合はどちらも手数料が無料です。
銀行振込みの場合はご購入金額に関係なく、手数料はお客様負担でお願いします。

送料と出荷日について

■送料

8,100円(税込)以上お買い上げの場合送料無料です。

送料無料

※沖縄県、他一部地域へは、ご購入金額に関わらず次の送料がかかります。
沖縄県 2,160円
離島・山岳地帯1,080円

※冷蔵品を含む場合はご購入金額に関係なくクール代手数料324円がかかります


■出荷日

平日午前10時までのご注文については、翌営業日に出荷日をお知らせします。(金曜日午前10時〜土日のご注文に関しては、翌月曜日)
最短でご用意できた場合、出荷日のご案内を差し上げた翌々日に出荷します。

■お届け日のご指定

平日着か週末着をお選びいただけます。

最短でのお届けをご希望の場合は「希望なし」をお選びください。

■お届け時間のご指定

お届の時間
 

詳細はショッピングガイドをご覧ください。

営業日について

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

の日は出荷及び 、メール返信はお休みさせていただきます。

の日は出荷のみ行っております。
定休日前午前10時以降のご注文は休み明けの対応となります

がいあネットポイント

■ポイントの貯め方

100円(税抜)のお買い物で1ポイント貯まります。


お買い上げごとに、商品詳細ページに記載のポイントが貯まります。 ポイントの倍付(5倍、10倍など)セールもあります。

ユーザーレビュー

レビュースコア:
平均5点
レビュー数:
2

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを評価するにはログインが必要です。

子供も大好きです!

投稿者:
nekosuke
レビュースコア:
5点

うちでは、主にお味噌汁に入れて使っています。子供がつまみ食いしながら、ちぎってくれます。わかめの出汁だけでも十分美味しいお味噌汁が出来ます!

とても美味しい!

投稿者:
tone
レビュースコア:
5点

ミルサーで荒めに粉砕して胡麻とあわせれば
極上のふりかけになります。

贅沢ですが、そのままお酒のおつまみにしても
美味しいぐらいです。

スープや味噌汁に入れるときは、火を止めて
予熱で戻すぐらいが、香りも高く美味しくいただけます。

ここ数年は、若布といえば、こざわさんの若布しか食べていません。
それぐらい、気に入っています!